FC2ブログ
admin≫

Racket Abuse (ラケットの虐待) 

奇妙です。



最近では、子供への虐待がニュースに流れると、
何故なんだろう・・・・・。
命を奪うほどの行為をするのかと、考えさせられるが・・・・・・。

全米の四大大会(グランドスラム)で大阪なおみ選手(20歳)が
日本人選手としてで初優勝した。
しかし、後味の悪い試合だった気がする。
USオープンの試合中、審判のカルロス・ラモス氏と揉めて減点の上に
約200万円の罰金まで貸されてしまったセリーナ選手。
セリーナ選手が彼女のコーチから指の合図で指示を受けたという警告がされた。
セリーナ氏はこれに対して、絶対にそのような裏切り行為はしていないと反論したが・・・・・。

その後、なおみ選手の球を返したときに、ネットにひっかかり、怒りが頂点に達し、ラケットを
地面に投げつけて、変形させた。審判はこれをラケットの虐待(Racket Abuse)と呼び、減点を課した。

テニスのルールでは・・・・・・。
***ラケットや用具の乱用(Abuse of Rackets or Equipment)***

プレーヤーは、試合コート上で、ラケットや用具を破損するほとえ乱暴に叩きつけたり、怒りをこめて
蹴とばしたり、危険な方向へ投げつけたり・設備や施設を破損させてはならない。

テレビ中継でも見ていたが、セリーナ選手のあの行為は、見ていてもよくない印象だった。
自分の思うとおりにならない試合展開、なおみ選手のパワーについていけない試合に見えた。

自分のプレーが思い通りにいかないのに、試合では相手が、自分の苦手なコースを攻めてきます。
それらが積もり積もってリミットを超えると、ラケットを投げたり、暴言を吐くような、やってはいけない
行為に走ることになります。

テニス界ではいつも中心人物だったセリーナは、今回もひと暴れして、注目を集めたかったのかもし
れない。それでも、今回の試合を見れば、彼女の時代は終わった・・・・・・・・。



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ






スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。