admin≫

五輪反対=テロリスト 

Point of no return


安倍首相は、秘密保護法成立に加え、悲願の憲法改正を何としても行いたい。その前に、
これも悲願である「共謀罪」を成立させることを決心した。
自民だけで絶対多数の議席を持っており、どんな悪法も強行採決をやれば、可決成立させ
ることが出来るからだ。

テロ対策強化に向け、政府が通常国会へ提出する方針を固めた「共謀罪」の対象となる犯罪が、
殺人や詐欺など676の罪に上ることが明らかになった。共謀罪を巡っては、捜査機関の職権乱用
や拡大解釈を懸念する声が根強く、日弁連などが反対している。

安倍様の政府は、「共謀罪」を東京オリンピックにかこつけて、「テロ準備罪」と名を変えて通そうとし
ている。オリンピックのテロを防ぐために制定すると言えば、一般の人はそれはいいことだと思ってし
まう。それが政府の狙いである。

***** 「共謀罪」対象 676の罪 政府方針 懲役・禁錮4年以上 *****

つまり、その本来の目的「共謀するだけで捕まえる」ということを国民に分かりにくくするためだ。
五輪に反対する相談だけで捕まるかもしれない。独裁国家成立の方向性なのだ。

安倍様の政権で、2020五輪テロ対策のための「共謀罪」法制化となったら、「一億総五輪協力体制」に
誰も異論が言えなくなる。
「五輪反対=テロリスト」と判断され、連行又は逮捕される可能性がある。


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。