admin≫

戦略的投票行動という考え・・・・・! 

着眼大局着眼小局



来週は、参議院選挙である。
今回の参院選から選挙権年齢が18歳に引き下げられたので、世の中的には若者に投票を
呼び掛けるような広報だの特集だのが行なわれてるようで、強い呼びかけはないような・・・・。

自民公明党の、若者を捉えるニュースは、流れているようだけど、これも両党の組織票の一環
としての、広報活動ととらえることができる。

若者の投票率が上がり、これからの日本を背負っていく若い人たちが、少しでも暮らしやすい国
になる方が良い訳で、当選してナンボの国会議員たちは、与党であれ野党であれ、当選したいと
思っている・・・・・。
そのためには、自分に投票してくれる人たちのための政策を行なう。
20歳代の投票率が低く、60歳代の投票率が上回るならば、当然、60歳代のための政策が優先される。
そんなもんである。

投票に行かないことや、白紙投票することは、結果として、組織票を持っている自民党や公明党の当選率
を引き上げることになる。つまりは、自民党や公明党に投票したのと同じことなのだ。

「戦略的投票行動」とは、たとえば、自分の住んでる地域の選挙区が1人区で、与党からは自民党の候補、
野党からは民進党の候補と共産党の候補が立候補していたとする。この場合、自分の考えに最も近いの
が共産党の候補だったとしても、情勢を見て、あえて民進党の候補に投票する。情勢的に第3位の共産党
の候補に投票しても、その1票は「死に票」になってしまうので、自分の考えとは違う部分があったとしても、
とにかく自民党の候補の当選を阻止するということを目的として、最大の対抗馬に1票を投じるのだ。
(きっこのブログより)

今の政権に不満がある人、今の政権に危機感を感じてる人は、たとえ支持する政党や候補者がいなくても、
「戦略的投票行動」を行った方が、選挙を楽しめる行動ができる。
とにかく、みんなで選挙に行こう。

それが、日本の未来につながる。


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ






スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。