admin≫

新しい未来を拓くには・・・・? 

16枚の板

本当にどうなっているんでしょうか・・・・・・!
真実に、「採決」、「可決」されたのでしょうか・・・・・・。

参議院特別委員会での安保関連法案の強行議決だが・・・・。
どうも、ドタドタカモフラージュ作戦の実行が行なわれたように見える・・・・・・・。

強引に成立させるために、派手なドタバタを演出して、グーパンチまで出してるどこかの
議員もいたような記憶がある・・・・・・。

しかし、「採決」の場面をテレビで見ていたが、委員長席周辺が騒然とし、委員長
の議事進行の声を自席で委員が聴き取れない状況で、5件もの採決が行なわれたと思いますか?
絶対怪しい!そもそも怪しい議員の集まりなのだから・・・・・。
「強行採決」に抗議する以前に、「採決」は存在しなかったんでないの・・・・。
おまけに、犬HKが 審議の模様を中継し、いち早く「法案、可決」と伝える・・・・。
できすぎた政治ドラマような気がする。見事な脚本だね。
数の権力を利用した、政府・与党の理不尽な行為とも思える。

「参議院規則」 に違反しているのではないか・・・?

この安倍様の権力に勝つためには・・・・。
ついに、共産党が本気を出してきた。
共産党の志位委員長が、戦争法廃止の国民連合政府をつくるという「国民的な大義」で
一致するすべての野党が、来るべき国政選挙で選挙協力を行うことを心から呼びかける
と声明した・・・・・・・。

来年の総選挙では、自民+公明の票の足し算になるのだが、野党+共産の足し算で野党の
当選者を増やす為の、選挙協力の呼びかけである。
単一政策の短期政権で終ってほしくはないと思うのだが、どんな政党の組み合わせで
政府をつくるのか?議会で安定多数の支持が集まるのか?いろいろな課題や疑問が生じる
心配がある。

選挙協力を話し合う中で、既成政党の垣根が取り払われ、各党の議員と議員候補者たちが、
国民の期待に応えるためにはどんな政治が必要なのかを、真摯に考えてくれるのかが問題に残る。



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



 

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!