admin≫

物言えぬ空気・・・・・・。 


3つの環(未来・現在・過去)



湯川遥菜さん、後藤健二さんがイスラム国の人質となって以降、安倍政権を批判すると、
ネット社会では「テロリストの味方か」みたいに叩かれる風潮が高まっているようで・・・・。

その背景には自民党支援のネット組織の存在があるのか・・・・・?
人質事件に乗じて、戦争法整備を推し進めようと躍起になっているのが安倍政権である。

そんな中で、遂に言論人が立ち上がった。
「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を9日に出し、記者会見した。
賛同人には古賀氏の他、音楽家の坂本龍一氏、憲法学者の小林節氏、思想家の内田樹氏、
映画監督の是枝裕和氏、パロディー作家のマッド・アマノ氏、作家の平野啓一郎氏、パーソナ
リティーの吉田照美氏、劇作家の平田オリザ氏、吉本芸人のおしどりマコ氏ら多数の有名人が
集まりました。

声明には<「非常時」であることを理由に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めてしまう
なら原発事故や大震災などを含めあらゆる「非常時」に政権批判をすることができなくなって
しまう。日本が交戦状態に入ったときなどにも(その)理屈を認めざるを得なくなり、結果的に
「翼賛体制」の構築に寄与することになるだろう>と書かれている。

そして安倍政権は、 ODA、他国軍への支援解禁 新大綱を閣議決定している。
安倍政権は13年の国家安全保障戦略で、積極的平和主義に基づくODAの戦略的活用を明記。
集団的自衛権の行使容認や武器輸出三原則の撤廃とともに新大綱を「3本の矢」(外務省幹部)と
位置づけ、見直しを進めていた。

積極的平和主義の一環だろうが、安倍政権の言う「積極的平和主義」とは貧困、抑圧、差別、暴力の
ない平和ではなく、「積極的戦争参加主義」という、自衛隊、武器輸出入、通信、 国益に適った方向に
進んでいる。
国際社会だとか、国際貢献だとか、政権官邸の「言葉の魔術」により、簡単に騙されそうなシステムが
構築されつつあるように思える。勿論マスゴミ、大手メディア、大手広告企業も協力体制に入っているの
だろう。

日本国民の中には、「NHK」が本当のことを言うと思っている「NHK神話」が成り立っている国なのだから、
いとも簡単に国民洗脳ができてしまう。

多くの国民が、税金と同じように、受信料まで支払わされて見せつけられるNHKのニュースや企画番組が、
政府の考えと一致するように編集されている・・・・・・。

そこに気づかない国民も問題である・・・・・・。



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。