admin≫

広島、長崎そして・・・・ソ連。 

潤い,水



69年前に、広島と長崎に原爆が落とされて、戦争は終戦を迎えました。
アメリカは、なぜ原爆を広島、長崎に投下したのか・・・・?

しかも種類の違う原爆を、広島にはウラン235(TNT火薬15t換算)のリトルボーイをB29エノラゲイ
によって落とされ、長崎には、プルトニウム239(TNT火薬21t換算)のファットマンをB29ボックスカー
によって落とされました。

しかし現実は、原爆投下前、すでに米軍は100以上の日本の都市を焼夷弾で攻撃していた。
その時、米軍は日本全土を焼け野原にしてしまう計画だった・・・・・・・。

日本は、八方手を尽くして降伏する道を探していたが・・・。
(不可侵条約を結んでいた)ソ連を通じて外交的にコンタクトを取ろうと していた。
が!・・・・・・。

8月9日にソ連が侵攻してきた・・・・。
日本の外交戦略を破綻させ、軍事戦略を破綻させた。日本はそれで万策尽きてしまった。
それは、外交的な日本の生命線を断ち切る行為だったから、日本は本当に愕然とした。
真にソ連の「侵略」だった。

きっと、どさくさにを利用して極東における権益を狙い、北海道を侵略して、ソ連軍の基地を
作る野望があったらしい・・・・。

ソ連は、(満州侵攻前に)日本から降伏条件の打診をうけていたから、日本がどんなにひどい
状態にあったか知っていた。そこにこの侵略行為まさに協定破りを行うソ連・・・・・!

その以前にアメリカでは、マンハッタン計画が進行していたが、狙いはアメリカの「敵」ソ連であり、
それは核爆弾の製作だった。
アメリカとソ連の冷戦が始まった時でもある・・・。

日本は、すでに降伏することがわかっていたが、大義名分を利用し、核実験とソ連に対しての
警告も含めていた・・・・。
そこへ、広島長崎への原爆投下だ。

ソ連はそれがどういう意味を持つか即座に理解した。原爆はソ連に向けて・・・・・・・。

その代わりに米国が日本に基地を持つことになり、ソ連は極東における権益を失い、
米国が日本を完全に支配するに至った。

それが原爆投下の意味だった。

日本は、、唯一の被爆国となり、やがて原子力安全神話に洗脳され、狭い日本に原発を
何基も建設し、福島原発事故の検証もせず、そしてその既得権益のため原発再稼働を
行おうとしている。

なるほどと、思ったらワンクリックどうぞ!



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。