admin≫

イスラエルと日本・・・そしてアラブ。 

雲行きが怪しい

パレスチナ自治区ガザでのイスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘は25日、
停戦の見通しが立たない中で18日目を迎え、死者数は800人を超えた。増え
続ける同胞の犠牲にヨルダン川西岸のパレスチナ人たちはいらだちを募らせ、
衝突が頻発している。ヨルダン川西岸は、ハマスと対立するパレスチナ自治政府
の主流派ファタハが支配する。(元は、PLOアラファトが設立した政府だと思う?)

ガザの保健省によると、8日の戦闘開始からの死者数は828人、負傷者は5300人以上。
14万人以上が家を追われた。ガザ北部では24日、国連運営の学校が砲撃され、15人が
死亡したが、イスラエルのネタニヤフ首相は同日、「全力で作戦を継続する」と述べた。
停戦に向けた仲介にあたるケリー米国務長官は、25日もエジプトの首都カイロで調整を続けた。
25日付イスラエル紙ハアレツは、ケリー氏が、1週間程度の一時休戦と、その間にガザの境界
封鎖解除などを交渉する案を示したと報じた。ただ、休戦の間もイスラエル軍はハマスが掘った
侵入用の地下トンネルを破壊できるとしており、ハマスが受け入れるかは疑わしい。

停戦といいながら、トンネルは破壊できるなんてありか!当然ミサイル攻撃して民間人が
犠牲になるだろう。

イスラエルが周囲に軍事侵攻する理由のひとつは「大イスラエル構想」、つまり南はナイル川から
北はユーフラテス川まで、西は地中海から東はヨルダン川までをイスラエルの領土にするという
プランだが・・・・・・。当然入植者数増える。

実は、地中海の東側に湾岸なみの天然ガスや石油が存在していることが明らかになり、利権権益
が、軍事侵攻の裏側に隠れている。エジプトからギリシャにかけての海域には9兆8000億立方メー
トルの天然ガスと34億バーレルの原油が眠っているらしい・・・・。

安倍総理とイスラエルのネタニヤフ首相が「日本・イスラエル共同声明」に署名しましたが、日本・
イスラエル間の新たな包括的パートナーシップの構築に関する共同声明というらしい。
アメリカの同盟国であるイスラエルと組むことによって、日本の安全保障とか外交政策が、今まで
アラブ寄りだったが、これから集団的自衛権の問題なんかよりもずっと実質的に日本が変わっていく
重要なことかもしれない。
武器輸出三原則の解禁により、日本の企業とイスラエルの企業との共同開発っていうのがありえる。
イスラエルの次期主力戦闘機F35、この部品の42,3%が日本で造っている。イスラエルは戦争で
使う可能性が高い。ここで武器輸出三原則を緩めておかないと、イスラエルへの輸出ができない。
という筋書きになっている・・・・・・・!。

今日本は、トンデモナイ奴と米国に次ぐ友人になり、戦争の手助けをすることになり、そして
石油に天然ガスのインフラ輸出の利権も手に入れようとしている。

ブログランキングに参加中!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!