admin≫

MH17機撃墜、プーチン暗殺?、イスラエル侵攻! 

崩壊

新興5カ国(BRICS=ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)首脳は、
アメリカ主導の国際金融秩序に対抗し、発展途上国や新興国へのインフラ開発
を支援する独自の開発金融機関「新開発銀行」の設立と外貨準備基金の創設を
決定した。

勿論、この首脳会議にはロシア首相「プーチン」も主席している。
そして、この会議終了後、政府専用機がウクライナ上空を通過することになっているが
、偶然にもマレーシア航空機MH17も同じような航路をとっていた・・・・・?

マレーシア航空機MH17が撃墜される・・・・!

プーチン大統領暗殺計画か・・・・。
米国情報当局は地対空ミサイルで撃墜されたとし、親ロシア派武装組織による攻撃だと指摘。
ウクライナ政府は親ロシア派の武装集団が地対空ミサイルで撃墜したといい、それがわかる
親ロシア派の通信を傍受したとする録音内容を公表しているという。

また親ロシア派武装集団は、10600メートル飛行中だったとされるマレーシア航空機を撃ち落
とす高性能なロケットはもってないといい、ロシア側はウクライナ軍により撃墜されたと報じている。

また、東ウクライナで自ら独立を宣言しているルガンスク人民共和国報道部は「マレーシア航空機
MH17を撃墜したのは、ウクライナ空軍の攻撃機Su(スホーイ)25型機である」という情報も飛び交っている。
しかし・・・・・。
その背後にはアメリカ/NATOの好戦派が存在しているのか?
ネオコン主導で進められているウクライナでのプロジェクトも思惑通りに進んでいない為?

それとも、イスラエル軍のガザ侵攻の空爆、パレスチナ人の虐殺、殺戮の国際批判から
、目を逸らすためにネオ・ナチ、アメリカ/NATOの好戦派とCIAが仕組んだ企みか・・・・。

一石三鳥ぐらいのごちゃ混ぜを狙った、アメリカ支配層とEU連合の一部の好戦派が裏で
糸を引いているような…・・?

アメリカ帝国の衰退を何とか止めようと、アメリカ従属の日本も何れその一部になるのだろうか・・・・。
アメリカの侵略戦争へ荷担させられることになる「集団的自衛権」、戦争システムに組み込まれるのも
時間の問題だ・・・・!



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。