admin≫

小保方レシピが存在する。 

Chain of the earth


とてつもない万能細胞だ!
どんな細胞にもなれる万能細胞に変身しちゃうのだ!

その生命科学の常識を覆す画期的で革命的な成果が、英国の権威ある科学誌ネイチャー
電子版のトップ記事として掲載されたのだ。

研究開発したのは、小保方研究開発リーダーである。

だが・・・・・。

華やかだった舞台は暗転…、STAP細胞の論文に「ねつ造や改ざんがあった」と、
突如!猛烈な小保方叩きが始まったのだ。

「写真の掲載ミス」があったのは確かなのだが・・・・・・・・・・・・。

STAP細胞の全体を否定するような決定的な証拠や論拠は、問題にされていない。

理研、業界の既得権益コネクションの悪者どもが、マスゴミを利用し一斉に非難轟々!

STAP細胞が注目され、世に出てはまずい、高額な利権に絡む思惑が・・・・。

研究開発者である、小保方晴子氏に多額な利権が舞い込むのである。

いかなる理由があっても、小保方氏をSTAP細胞の研究開発者から葬り去ることを考えた・・・・?

検証実験統括責任者の相沢慎一特別顧問が「彼女から情報を求めることはあっても、
検証チームの一員として、彼女を加えて検証するということはありません」と述べるのも、
まるで小保方晴子氏に成果が行くのを阻んでいるかのように見える。

STAP細胞が実証されれば、現在の医療・製薬システムが不要になってしまう!

小保方氏も自分を押しつぶそうとする「大きな力」の存在を感じている。
STAP細胞が成功すると困る既得権益支配層が存在することは確かである。

「組織に抵抗して不服申し立てをするのは勇気あることだが、もっとも重要なことは実験を再現して
証拠を出すこと」それを期待したいが・・・・・。

:::::::::::::::::::::::

【再生医療の工程と役割】

再生医療は、従来の医薬品の投薬や医療機器の使用とは異なり、細胞・組織の採取や最終加工品の移植
などの再生医療における各工程において、患者の状態並びに医師の手技が大きく影響する。

特に、自家細胞を用いた再生医療においては、治療の目的に叶った細胞・組織の採取が行われる必要が
あり、また、医師による移植が、十分な技術および環境の下で行われなければ、患者への治療効果を確保
することは困難である。

:::::::::::::::::::::::

小保方晴子のノートを見せられたからといって、あるいは論文を読んだからといって、
誰でもが簡単に再現できるものではない。

小保方レシピが存在するのである。
すべての工程においてその生き物の状態と研究者の手技が大きく関与している。



FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。