admin≫

アベノミクスの数式? 

Freemason

アベノミクスの大成功・・・・。

「私の3本の矢の経済政策によって景色は一変しました。明らかに今の日本は"買い"です」理由としては、今後の成長戦略で「規制改革を突破口に日本企業のポテンシャルを思う存分発揮させる」としていて、「投資は他人よりも半歩先んじることが成功の秘訣」と・・・・・。
安倍首相は、外資系の証券会社メリルリンチ日本が開いた投資家向けの講演会にメッセージを寄せたとか。
絶好調ですと、マスゴミも記事を書く・・・。

おまけに、「秘密保全保護法案」だが、簡単にいうと、防衛、外交、安全脅威活動、テロの4分野のうち、特に秘匿すべき情報を外部に漏らした場合、懲罰に処すというものだ。行政官僚の利権を増やし、政治家をいつでも貶められる自縄自縛法案、国民を呪縛させる法案を成立させようとしている。
特定秘密保護法案は日本版NSC(国家安全保障会議)創設関連法案と抱き合わせで提出予定らしいが・…?

反体制の政権、活動家の監視及び取締りを行い、また第1党の独裁政権を維持するための目的か・・・。
都合の悪い連中や案件はすべて葬り去るということなのか・・・・。危険な法案なのです。

国家トータルでみる経済統計の数字は、良い方向に向いているので、消費税増税の条件は揃いつつあるような騙しのテクニックを使い、マスゴミを利用する。

企業や国家が利益をあげ、国民の生活勘定には回ってこないのだ。

幸か不幸か、この安倍政権に交代してから、一番の要因は株価の上昇である。異次元の金融緩和と云うキャッチフレーズも効いただろう。それに加えて、景気の好さをアピールできる材料を持っていたのは、米国と日本だったので、海外の資金は、この二カ国に流れ込んだ。今年夏以降は、米国の金融縮小問題が強く意識され、消去法で日本市場に資金が流れやすい構造が倍加されている。

もちろん企業は、それを内部留保の形で温存するのはあたりまえである。

FRBの金融緩和縮小が見送りされたが、10月に政策変更があり得るかもしれない・・・・。
国債の利回りも、どう云う訳か0.7%前後で安定してきたし、為替も対ドル100円前後で安定している。
株価も15000円台が見込める方向を示している。

アベノミクスの数式なのかな・・・・・。
しかしどこかに落とし穴があり、この計算をしていくとABE=0になるかもしれない。


そして・・・ランキング応援宜しく!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!