admin≫

emergency 

ヘビメタ



立秋を過ぎ(8月7日頃〜15日辺り)、お盆期間中ぐらいまでは、かなり猛暑だった。
処暑に近づくに従って、暑さも和らぎ始め、朝晩が少し涼しく感じるようになった。
草花に朝露がつくようになる秋は、もうすぐだなと感じるようになった。

相変わらずマスゴミは、福島第一で超高濃度8000万ベクレルの汚染水が300t近く
漏れているにも拘らず、2020年オリンピック開催地の決定を前に、招致委員会が東京都庁
で出陣式を行ったニュースやら、日・バーレーン首脳会談、日銀の黒田東彦総裁の米ワイ
オミング州ジャクソンホールで開かれた金融・経済シンポジウムのニュースなどがメインで、
福島第一の記事は小さめである。

今も、海に向かってジャージャーと滝のように汚染が流れているのだ。

簡易的な鉄のタンクで、ゴムパッキングで漏れないように施してあるようだが、時が来れば
劣化するだろうし、まして高濃度のストロンチウムなどの汚染水である。

福島第一原子力発電所はあちこちに地震のひび割れが生じていて、目に見えなくても地下で汚染水はもう
ダダ漏れの状況なのだろう・・・・・。

隠してた・・・。
判っていたのに・・・。
毎日現場にいるのに・・・・。

おかしいでしょ。

つまり、もう2年半にわたってダダ漏れのまま汚染水は「漏れてきていた」のであって、最近「漏れだした」
のではないのです。

自民党の為に、不利に働くこの事実を、参議院選挙の後まで隠蔽してた。

それより問題なのは、福島原発の敷地が、地震によって地盤が弱くなり、おまけに地下水の影響を受け
「放射能の沼」のような状態になっているではないか・・・・。

そんな状況の上に福島原発が建っているのである。

危機的な状況にあるのではないか・・・・。

諸外国は、原発現在進行形と認識し、ニュースでも取り上げている。
海外では、日本の放射能汚染をみんな知っているのである。

そんな国で、オリンピックが開催できるのか・・・・。
放射能汚染を食い止める、どうにかすることの問題が先であるのではないか・・・。

また、甲状腺がんが12人(今回は18人)確定で、バンダジェフスキー博士「…17万人の検査で、
二年経過した、現段階で、1万人で1.6人甲状腺がん。通常、甲状腺がんは、子どもは100万人で
1人あるのかどうかという罹患率。今回、発見された数は、そのおよそ160倍。」と語っていた。

恐らく本当の罹患率は、もっと高いのでは・・・・・。

これは、未来の日本を担う財産の・・・・。
国家的非常事態なのである。


して・・・ランキング応援宜しく!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。