admin≫

大荒れの天候後 

大荒れの天候後

またですか・・・。
やってくれましたねー!
東電さん・・・・。
やっぱ、東電に危機管理を任せては、東電(とんでも)もないことになるか?

東電さんの言い分は・・・・・。

:::「地下貯水タンクは、大容量の水を入れるためのもの。:::
    ALPSの処理水やROの濃縮水を入れる目的で設置した。
    接合面に漏洩が生じているかとは考えられる。
    ベントナイト層自体はある程度の遮水を維持している」

え~!それじゃーどういうこと!実は・・・・・?。

この地下貯水槽は、処理前の超高濃度の汚染水を保管する目的で作られたもの
ではないということ。
本来の地下貯水槽は、アルプス(ALPS汚染除去装置)の処理後の水を貯める
もので、高濃度汚染水、高濃度ストロンチウムなどを貯水する代物ではな~い!
高濃度汚染水を貯水する構造ではないらしい・・・。

マジですか!

アルプスの処理水を貯めるため穴を掘った人工池に特殊なカバーと盛り土した感じの代物。
まして、アルプスの処理水はトリチウム以外の放射性物質は除去されているから高汚染では
ないそうだ。

こんなことしていいの・・・・。
しかも、貯水槽は穴を掘って防水シートを確か三重くらい敷いて、周りの土が崩れないよう
に多分プラスチック素材で出来ているようで、一般仕様品の素材だとか・・・・・。

ますます、なんてことだ!本当なのか!

この間は、ネズミなどの小動物による冷却施設の停電があったけど・・・・。
今度は、モグラが穴あけたのか~・・・・。

予算を削減、設計簡素化、工期短縮、こんなもんで危機管理が出来るのか?

貯水槽の法面のシート構造は・・・・。
上から長繊維不織布、HDPE、ベントナイトシートの三層構造になっているそうだ。

危ないよね。

こんなことやってて、電気料金値上げだとか、よく言えると思う。

そして・・・ランキング応援宜しく!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ









スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!