admin≫

Summer lake 

Summer lake

<原発作業員の被ばく線量> 
原発で働く作業員の被ばく線量限度は、通常作業時が「5年間で100ミリシーベルトかつ年間で
50ミリシーベルト」。
事故などの緊急時は「年間100ミリシーベルト」としている。東京電力福島第一原発事故では、
作業時間を確保するため特例として100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げたが、
収束作業の進展に伴い、昨年12月から原則として通常時の基準に引き下げられた。

【一般人の年間被ばく線量限度は1ミリシーベルト。】

東京電力が発注した福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が昨年12月、厚さ数ミリの
鉛のカバーで放射線の線量計を覆うよう作業員に指示していたことがわかった。
法令で上限が決まっている作業員の被曝(ひばく)線量を少なく見せかける偽装工作とみられる。

今現在、福島第一原発は収束作業を行っている状況であり、まだまだ安心できない問題を抱えている。

この収束には、おそらく2000人~3000人ぐらいの作業員が作業に当たっているのだと思うが・・・・。
放射能による被爆で、死亡する人の数も増えているのでは・・・・?

問題なのは、原発の事故が起こると、何千人もの人が必要となり、犠牲者も何百人でることは
想定されているのだろうと思うが・・・・。

地震などで原発事故が起きた場合、その現場に向かうための道路の状況、緊急車両、陸・海・空など
電源の確保から緊急作業員の数・・・・・。

シュミレーションは出来ているのだろうか・・・?

大飯原発に続いて、再稼動する原発が増えるよな気配が見えてきた・・・・。

もし事故がおきれば・・・・。

人は、いるのだろうか、それこそ日本消滅、汚染された・・・・ただの島国になるだけだ!


みんな~ランキング応援・・・宜しくお願い致します!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。