admin≫

ベテルギウス 

ゴールド

いよいよ!
金環食の観測まであと9日間ですね。

巷では、金環食が話題となっているようですが・・・・。

天文学者たちの興味は、金環食よりオリオン座のベテルギウスという
1等星恒星の観測に目が離せないらしい。

なんとこの恒星、今まさに大爆発すかもしれない状況になっているようで、
爆発前には、ニュートリノが放出され、これをカミオカンデで捉えようと
準備しているとか・・・・。

いつ起きても不思議ではない、今日ないし明日爆発するかも知れない。

俗に言う「超新星爆発」というやつなのだが、ベテルギウスほど地球から
近い距離(640光年)で爆発するのは、前例のないことらしい。

今回の爆発は、あまりにも地球から近いため、この爆発が地球にどんな
影響をもたらすのかわからないし、爆発前にその影響が起きている可能性
もあるのか?

さてこのベテルギウスはどんな恒星なのか!
ベテルギウスは、デカくて重くて明るい。
地球からの見かけの大きさは、太陽に次いで2番目であり、明るさはベスト
10に入る。
その半径は、太陽から木星の距離ほどあり、直径は太陽の1000倍。
重さは太陽の20倍。星の寿命というのは、重いほど短い。現在46億歳の太陽が
100億年はもつと言われているのに対し、ベテルギウスの寿命は数百万年。
すでに寿命の99.9%は尽きているという。

だから、いつ爆発してもおかしくはない。
ベテルギウスが爆発したら‥‥?「少なくとも、2週間は地球から『2つの太陽』
が見られるだろう」と言われているらしい。
爆発の閃光は「一つの銀河」に匹敵するとも言われ、爆発の25光年の範囲内に
ある星々は、その巨大爆発エネルギーによって、全てが焼き尽くされる・・・。

なんとも想像を絶する宇宙の出来事。

爆発した光は、肉眼でも100日間は確認できるという。
その明るさは、およそマイナス10.5等、ほぼ満月(マイナス12.5等)なみの
明るさであり、現在は赤色に見えるベテルギウスは、爆発すると「青色」に
なるというから、青色の満月が昼夜を問わず100日間、地球を照らすことになる。
数年すると、青から赤へ、変化しながら、次第に消滅する。

そこでだ!

ベテルギウスの爆発は、地球に破壊的な影響を与えないのか?

いやいやこれが!
2012年マヤ文明のマヤ暦の終わりに、人類が滅亡?
なんて話題がありましたが・・・・・・。

ベテルギウスの大爆発によって放出されるという大量の「放射線(ガンマ線)」
が、もし地球を直撃すれば、その桁外れのガンマ線により人類滅亡・・・?

爆発によるガンマ線は、ベテルギウスの「地軸」に沿って、ビームのように宇宙
に放たれるというが、幸いベテルギウスの地軸は、20度ほどズレているようで、
地球に照準を定めてはいないらしい・・・・。

ほんとかー!

多少のガンマ線ならば、地球のオゾン層が防御してくれるそうだが・・・・。
万が一、オゾン層の守りが破られても、地球に降り注ぐのは、
「紫の光(紫外線)」だけだという。

でも最近は、このオゾン層も減ってきているとか・・・心配です~

さてと、ベテルギウスの光が地球に届くまでには「640年」かかります。
つまり、今その光が届いて、爆発を知るということは、640年前の西暦1370年
(室町時代・3代目足利義満)にベテルギウスがすでに爆発していたという
事実です。640年前に起きたことを、我々は今頃知るということになるのです。

ニャールほど、勉強になりました。
でも、今でもガンマ線浴びてるのに、これ以上のガンマ線は我慢できまシェン。


そして・・・ランキング応援宜しく!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ











スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。