admin≫

占い、うらない 

占い

どうじょう~って、表明したのかな・・・・。
安い輸入農産物は一見、消費者にはプラスに見えるが、
「TPPは輸入国には関税撤廃義務を負わせるが、
輸出国に輸出義務はない。十年後、五十年後も安定
供給されるとは限らない」

日本は、四季折々農産物が出来る。今後それが
どうなるのか・・・・。

日米経済調和対話によるとこのように、書かれている。

農業関連課題

残留農薬および農薬の使用:日本の最大残留基準値設定に関わる農薬の審査、農薬の収穫後利用に関わる枠組み、基準値違反に対する執行政策など、未解決の農薬関連の問題に対処することにより、新規に開発されたより安全な農薬のさらなる利用を促進し、日米両国の政府関係者の協力を促す。議論では、国際的な基準と慣行が考慮されるべきである。

有機農作物:科学に基づいた基準を有機農作物に使用される生産資材の環境への安全性の評価に適用し、有機農産物の貿易の強化を目的に現行の残留農薬政策を修正し、さらに両国市場において有機農産物の表示に取り組むために協力する。

食品添加物:日米両政府の協力体制を強化するとともに、FAO/WHO合同食品添加物専門会議によって安全と認められており、かつ世界各国で使用されている46種類の食品添加物の審査を完了することにより貿易を促進する。現在、6種類の食品添加物の審査が終了していない。

農業関連には「農薬の収穫後利用に関わる枠組み」とある。
 「船で輸送する前の穀物やかんきつ類などに、長期保存などを目的に殺虫剤や防腐剤を散布するポストハーベスト農薬のことだ。収穫後にかけるため残留農薬の値は高くなる。日本の法律では認められていないが、日本政府は苦肉の策として食品添加物扱いにしてきた。米国はもっと農薬を使いたいから、ポストハーベスト農薬を認めろということだ。TPPで自給率が低下すれば、日本の食品はポストハーベスト農薬だらけになる」

遺伝子組み換え作物についても、日本の表示義務についてもなにやら、言ってくるかも・・・!

3つクリックしてもらうと助かります。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ










スポンサーサイト


この記事へのコメント

この絵を見ていたら、ストローの先にゼリーみたいなのつけてふくらますやつをおもいだしました^^。
ミユキ様

いつも!
お世話になります。

感じたままに、想像することが
生命力を高めます。

?・・・・?
ではでは!

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。