admin≫

どう~じょうって参加するの? 

ウィルスH1N1-T

やっと!
インフルエンザの予防注射も済ませ。
これからの冬場の風邪にも安心かな。

でも、去年あたりは新型インフルエンザの
話題が注目されていたが・・・・。

今年は、何処へ・・・。
もしかして、超新型のウィルスが出現するのか?
怖い予感がする。

インフルエンザのことより、今は!TPPの話題が
注目されている。

「TPP交渉参加」に野田首相は正式表明するのか
11月10日が「日本の未来」を変える日となるのか?
従属ドッグと呼ばれた「岸首相、佐藤首相、中曽根首相、小泉首相」
の仲間入りをするのか。
でも、野田首相が「TPP交渉参加」を表明したところで、交渉参加には
米国議会の承認が必要で、事前交渉と議会承認にそれぞれ3ヶ月かかり
なんと6ヶ月もの期間が必要になる。来年夏の合意予定の「TPP標準」
交渉への参加には到底間に合わない。

日本は「TPP標準」の交渉に一切参加できずに、「新自由主義経済政策」
に「市場原理主義」を唱える8カ国の(ブルネイ、チリ、ニュージーランド
、シンガポール、ペルー、ベトナム、豪州、米国)の仲良しグループが手を
組んで、交渉8カ国で決める「TPP標準」を強制的に認めさせようとして
いるのではないか。

この8カ国の参加する「TPP」の正式な呼び名は!
「ただの、ペテンパートナーシップ」と呼ばれている。

【米国外交文から読む・・・、ウィキリークス 日本農業新聞より・・・】

ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は「TPP
が将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初の TPP交
渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国そ
の他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ」 と語った。(米
国大使館公電から)
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でニュージーランドと米国は、農地への投
資制度や食品の安全性などの規制や基準を統一した「絶対標準」を定 め、受け
入れ国を広げることで経済自由化を進めようとしている――。

TPP交渉を主導する両国のこうした狙いが、在ニュージーランド米国大使館の
秘密公電に記載されていた両国政府の交渉当局者の会話から浮かび上 がった。

ニュージーランドの交渉当局者は「絶対標準」を受け入れさせる国として日本と
韓国を名指ししている。これは国内の規制や基準の緩和・撤廃につなが り農業
だけでなく国民生活の多くに影響を与える可能性がある。公電は、内部告発ウェ
ブサイト「ウィキリークス」が公表。ニュージーランドの当局者 らへの取材と
合わせて分析した結果を報告する。

囲み記事は2010年2月19日、ニュージーランドのシンクレアTPP首席交
渉官が、米国務省のフランキー・リード国務副次官補(東アジア・太平 洋担
当)に語った内容だ。シンクレア氏は、TPPの目標が農産物などの市場開放だ
けではなく、アジアなどで推進する米国型の経済の自由化が両国の 長期的利益
につながると強調した。

公電は、ニュージーランドのウェリントン市内で行われた両者の会談の概要を、
当地の米国大使館がまとめた。「秘密」扱いだ。外交を担当する国務省 だけで
なく、農務省や通商代表部などにも送るよう記述してある。

日本農業新聞の取材に応じたシンクレア氏は、公電にある自分の発言に対する真
偽については確認を拒んだ。しかし、TPP交渉では投資や金融、知的 所有権
など幅広い分野が対象になり、中国を含めたアジア太平洋州で経済の自由化を進
めることが交渉の目的であると強調。実質的に公電の内容に沿っ た発言だ。

公電によると、シンクレア氏が強調したのは、日本と韓国などに「絶対標準」を
受け入れさせることの重要性だ。農地や農業関連分野への投資が米国な どに比
べて難しいとされるアジア市場で、TPPをてこにして、自由貿易圏を広げてい
くことが長期的な目標だと明言。米国と同一歩調を取る考えを明 らかにした。

両国の交渉当局者が、国の違いを超え通商や経済の自由化の障害となる規制や基
準を緩和・撤廃させるための仕組みづくりを話し合っていたことがうかがえる。



ブログランキングに参加中!


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。