admin≫

長期脳死 

長期脳死

医師が脳死と判断してからも30日以上生きる「長期脳死」の子供が
国内外に多数いることが知られている。2007年頃での調査では
60人ぐらいの数が確認されているそうだ。

大人が脳死なってから、心臓が止まるまでの期間は平均4.3日位だが
子供になると、脳死判定から30日~100日以上生きるケースが報告
されている。

最長例では21年間心臓が動き続けた。これは4歳で脳死判定された男子
であり、脳死状態で身長が伸び、論文発表後も成長し20歳を超えた。
2004年に死亡(心停止)した後に解剖されたが脳は死滅しており、
人間の統合性は脳がなくても維持されることが示唆されている。


脳死という状態は、人工呼吸器が開発・実用化された1950年代頃に現れ
るようになり、密接な関係があるようです。

ここで問題になるのは、長期脳死になった場合に「臓器提供」の意志が
あるかどうか、家族に医師から問われるケースがある。

厚生労働省の改正臓器移植法の運用指針や、日本臓器移植ネットワーク
の家族への説明資料には、「長期脳死」には触れていない。
どの程度説明するかは、医師の裁量に任せれているのが実情。

たとえ脳死でも、呼吸し心臓も動き、多少何かに反応し、成長する。
脳が停止して脳死だけの問題で、固体死ではないわけで、脳が活動しない
生き方を選んだのかも知れない。

是非!ガンガンクリクリとランキング応援お願いします。

3つクリックしてもらうと助かります。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ


スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!