admin≫

1997年3月19日(水曜日)午後6時ごろ 

浸食

今から14年前の1997年の3月19日(水曜日)翌日は、20日春分の日であるが、
売春の日なんとなく不思議・・・・?

19日午後5時55分ごろ、東京都渋谷区円山町16のアパート「喜寿荘」101号室で
女性が倒れているのを男性が発見、110番通報した。警視庁捜査1課と渋谷署で調べた
ところ、女性は今月初めから行方不明だった杉並区永福の東京電力社員の女性(39)で、
すでに死亡していた。
首に絞められた跡があり、同課は殺人事件と断定、同署に特捜本部を設置した。
 調べによると、女性は6畳間でコートを着たままあおむけになって死んでいた。死後3日
以上たっており、死因は窒息死とみられる。玄関のカギは開いていたが、着衣の乱れや争っ
た跡はなかった。遺体の近くに置かれた手提げバッグに入れたあった財布には小銭だけが残
っていた。
女性は独身で、東京電力本社企画部経済調査室の副長。数少ない女性管理職のひとりだった。

女性は昼と夜と、別の顔を持っていた。昼間は経済アナリスト。夜は円山町界隈に出没し、
売春を重ねていた。

その落差にマスコミが注目!個人のプライバシーは白日の下にさらけ出された。
被害者の名誉を踏みにじる報道が行なわれた。

さて、警察は現場に残された体液のDNA鑑定から、ネパール人の容疑者を強盗殺人容疑で逮捕した。しかし、男は否認を通し、東京地裁は2000年4月14日、「疑わしきは被告人の利益に、という刑事裁判の鉄則に従うしかない」として無罪判決を言い渡した。東京高裁は一転、無期懲役とし、2003年10月、最高裁で上告が棄却され、刑が確定した。

がどうも冤罪の可能性があり、支援団体に支えられている。

胡散臭い殺人の可能性があるような裏側が見え隠れする事件のように思えるし、
東電の隠蔽体質と巨大企業の裏社会のコネクションの存在もあるような・・・・?

事件の背景からみえて来るもの******

被害者・渡邉泰子
企画部調査課・副長
当時の直属の上司が取締役企画部長・勝俣恒久(現東電会長)
企画部管理課長には藤原万喜夫(現副社長)



被害女性の父親は、やはり東京電力に勤めていて、1977年にがんで亡くなっている。
その2年前、工務部全体を統括する副部長と言う管理職になりなぜか一年で降格され、
その一年後のガンでの死だ。

当時慶応2年生だった泰子を、東電に引き入れたのはあの勝俣だったという。
そして泰子は勝俣が当時企画部長を務めた企画部経済室へ。そこには現在副社長を務める
企画管理課長藤原氏もいる花形部署だった。しかし勝俣、藤原の思いとは裏腹に泰子は父
の意思を継ぎ、反原発へ。そのリポートは賞を取る程すぐれたものだったという。

 そして・・渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが本格稼働した1997年、泰子は
売春婦として殺され闇に葬られた。泰子の死の翌年、勝俣は常務取締役になり、原発推
進事業が加速し、今に至るという。

そんな反原発の旗手の彼女が、プルサーマル計画が本格始動した1997年の3月に誠に都合
良く 「殺され」 売春婦をやっていたという報告で、人間としての尊厳を 「消され」 彼女の
実績・功績は闇に 「葬られ」 た。

プルサーマルとは、熱中性子(thermal neutron)によりプルトニウムを核分裂反応させて
発電を行う原子炉のことを指す。なおプルサーマルとはプルトニウムのプルとサーマル
リアクター(軽水炉)のサーマルを繋げた和製英語(plutonium thermal use)である。
原子力発電で大きなネックになっている二つの問題、つまり、原子力資源であるウラン
が輸入に頼っていることと使用済み核廃棄物であるプルトニウムの処分方法の両方を一
挙にほぼ解決するものなのだ。つまり、輸入に頼るウランを一度燃やしてできたプルト
ニウムを再度燃料に使えるので、日本においては二重の意味で有利な発電方法なのだ。
しかし、普通の原子炉に、プルサーマル燃料と通常の燃料の二種類が混ざって装填され
るため、制御が難しく、特に地震などの際に安全性が確保されるかどうかが問題になる。

そして、日本においてプルサーマル計画が大きく動き出したのが1997年だ。この年
の2月4日、核燃料サイクルについて了承するという閣議決定がされ、同2月21日には
電力11社によるプルサーマル全体計画が発表されるのだ。以降、プルサーマル計画の説
明が新潟、福島、福井県に対してされていく。

彼女は、本当は誰に殺されたのか・・・・・?
東電は、警察関係からの天下りもかなりあったとか。
もちろん、官僚の天下りも・・・。

男女関係のもつれから・・・、上司とか、天下りの幹部社員とか、社内の恋愛関係
もみ消し工作に検察もマスゴミも協力か・・・・?

是非!ガンガンクリクリとランキング応援お願いします。
3つクリックしてもらうと助かります。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ












スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。