admin≫

七五三となぜ二礼二拍手一礼なのか? 

七五三

もうすぐ七五三さんですね!
11月15日に三歳になった男の子と女の子、五歳になった男の子七歳になった女の子の成長を祝って、晴れ着を着せて氏神を祀っている神社に行き、お祓いを受ける行事が七五三です。
江戸時代になって徳川綱吉の子供、徳松君の祝いを天和元年11月15日に行ったことから、以後この日になったそうです。

また、「七歳までは神のうち」といわれるほど、七歳までの死亡率が高かったことから、七歳まで無事に生きてきた子供の成長を氏神に見せて感謝する意味もあったということです。

さて、神社へのお参りはとても身近なことですが、お宮参りに合格祈願など、そのときに拝礼をすると思いますが、拝礼の作法は「二礼二拍手一礼」が基本です。

なぜ、二回お辞儀と拍手なのかというと、陰と陽の二対を表すとともに、古代中国より尊いとされてきた奇数でなく、二という偶数を用いることで、神々ではなく人間がお祈りに来たことを伝える為だといわれているそうです。
ちなみに、お願いをするときは、拍手のあとにするのが一般的で、神様にお願いをするものでなく、「どうかお導きください」とへりくだるのが本来の参拝といわれています。

(参道の真ん中は、神様の通り道なので、中央を歩かないようにしましょう
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

----
氏神氏神(うじがみ)とは、日本において、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神 (神道)|神のことである。同じ氏神の周辺に住みその神を信仰する者同士のことを氏子(うじこ)という。現在では、鎮守神|鎮守(ちんじゅ)・産土神(うぶすながみ)もほぼ同じ意味 ...

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!