admin≫

1985年8月12日JAL123便 

日航機123便(1985年8月12日)

1985年8月12日、羽田発大阪行きJAL123便は、乗客509人
と乗員15人、合計524人を乗せて、午後6時12分に羽田を離陸した
のですが、午後6時56分30秒、群馬県側の山岳地帯である御巣鷹山に墜落・・・・。
乗客のうち重傷4名8月13日に救出されたが、505人の乗客と15人の乗員は還らぬ人
となった痛ましい墜落事故なのですが・・・・。

問題は事故の原因なのですが、当時の運輸省航空事故調査委員会は結論として、
(報告書はもっと詳細なものですが)次のように述べています。

機体後部の圧力隔壁の破壊による機内与圧空気の急激な分量により、垂直尾翼を噴き飛ばし、
JAL123便は操縦不能となり、御巣鷹山に墜落したものである。

だがしかし・・・この墜落事故には不思議な大きな疑問点が残っているのです。

1、圧力隔壁は何によって破壊されたか?
2、機内急減圧が本当に起きていたのか?
3、墜落場所が何故御巣鷹山になったのか?

機体後部の圧力隔壁が破壊された原因について、「金属疲労の亀裂の進展で残留強度が著しく
低下したため」といていますが、JAL123便は垂直尾翼が3分の2も損傷しているのです。
航空機の垂直尾翼は非常に頑丈な構造になっているものであり、簡単に破壊するものではないのです。

では、別の破壊されるような原因があったのか・・・・。

実は・・・?JAL123便は自衛隊機が撃墜したのではないか・・・・。
この当時、高度ミサイル防空システムの軍事技術、開発実験の真っ最中であり実験項目の
最中に、相模湾上空にさしかかったJAL123便を標的と間違え攻撃してしまったのではないか。

ミサイル衝突説が、事故原因の真相ではないかともいわれている・・・・。
調べていると謎の飛行物体SSM-1の存在が・・・・・?

つづく・・・・・・

今年のランキング応援お願いします。
此方のクリックは、押すことにより人助けになります。押しましょう・・・・?
↓↓↓
恐れ入りますが3つお願いします。

FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!