admin≫

速報かな! 

明日2月4日は、容疑者?石川衆院議員と大久保元秘書の勾留期限が
切れる期日のためか!

検察の動きとマスゴミの動きがイヤに活発な気がする。
誤報やニュアンスの違う表現などで各紙面を埋めている。

まだまだ何かのストーリーがあるようで、絶対負けを
認めない犬察のようだ。


「J-CASTニュース」より
東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」

毎週のように検察批判の記事を大きく掲載している「週刊朝日」(朝日新聞出版)の記事をめぐり、東京地検が編集部側に抗議するという異例の事態に発展している。掲載された記事を執筆したジャーナリストの上杉隆さんが、ツイッターで「東京地検特捜部から編集部に出頭要請がきた」と書き、出頭方法を募集するなどしたため、ツイッター上では騒ぎが広がっている。

週刊朝日では、ここ1か月ほどで検察批判のトーンを強めており、その記事の多くを執筆しているのが上杉さんだ。記事の見出しを見ただけでも、

「検察の狂気 これは犯罪捜査ではなく権力闘争である」(1月29日号)
「子育て女性をも脅かす検察の卑劣」(2月5日号)
と、検察との対決姿勢を強めているように見える。

「記事は、丁寧な取材を重ねたものであり、自信を持っております」
地検が異例の抗議を行ったのは、2月12日号掲載の「子ども『人質』に女性秘書『恫喝』10時間」という記事。衆院議員で小沢一郎民主党幹事長の元秘書、石川知裕容疑者(36)の秘書が、地検に約10時間にわたって事情聴取を受けたとされる様子を報じたもので、

「『ウソ』をついて呼び出し、10時間近くにわたり『監禁』した。そして虚偽の証言を強要し、『恫喝』し続けた」
などと地検を批判した。

この記事に対して、地検は2010年2月3日、異例の抗議に踏み切った。週刊朝日編集部によると、地検側から抗議をしたい旨、電話でコンタクトがあったが、山口一臣編集長が出張中であることを伝えたところ、

「記事内容の何点かについて虚偽の点があり遺憾。厳重に抗議する」
といった趣旨のファクスが送られてきたという。

編集部では特に検察に出向く必要はないと判断している様子で、山口一臣編集長は

「2月12日号『子ども「人質」に女性秘書「恫喝」10時間』の記事に対し、3日、谷川恒太次席名の『抗議書』を受け取りました。記事は、丁寧な取材を重ねたものであり、自信を持っております」
とのコメントを発表した。




今年のランキング応援お願いします。
日本を変えるぞー!
↓↓↓

FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ


スポンサーサイト


この記事へのコメント

お返事が遅れまして大変申し訳ございません。
今年もまた、よろしくお願いいたします。

ようやく復活いたしまた。
なんだか、何が正しくて何が悪いのか…。
混沌とした社会ですね。

でも、自分らしく伸び伸びと
上向いて歩いて行こうと思います。
りつ様

いつも!お世話になります。

強い冬型の低気圧のため!
大雪警戒注意報!

今!札幌雪祭りの真っ最中ですね。
一度いってみたい北海道~♪

ではでは・・・。
 いつもお世話様になります。
 マスコミのしつこさ、というか無能さにはあきれ果てますね。経費の関係か、同じ趣旨の報道を何度も流し、視聴率を上げようとする。社主の意向のままに自民党に内容を湾曲する。YおよびS新聞には特にその傾向が顕著で、S新聞の山際など、憎しみをあらわにして発言をするなど、とてもまともなマスコミとはいえませんね。
 マスコミなどに惑わされず、しっかりと真実を見据えたいですね。
 では、” ”で締めくくります。
たかゆき様

いつも!
お世話になります。

本当ですね。
一向にジャーナリズムが
目覚めないマスゴミどもですね。
ほんとに腐ってる感じ・・・・。
火・木・土の生ゴミの日に
出したいぐらいです。

ではでは・・・。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!