admin≫
2011年02月の記事一覧

The power of the revolution 

The power of the revolution

裁判所に検察、それに警察、おまけに検察審査会ときたら・・・。
最後にマスゴミコネクションを利用して国民の洗脳と世論誘導かな・・・。

小沢一郎の党員資格停止の決定は不条理だ・・・!
国の政治が悪くなるのが小沢一郎が悪いとばかりに罪を負わされている・・。
これでいいのか!

民主党の倫理規範にはこうある・・・。
「汚職、選挙違反ならびに政治資金規正法令違反、刑事事犯等、政治倫理に反し、
または党の品位を汚す行為」

まだ判決も出てないのに推定有罪の扱いだ。

小沢氏は次の5つの質問状を提出し、回答を求めたが回答もなし。
問答無用で、資格停止処分に決定したそうだ。


「検察審査会による起訴手続きと、検察による通常の起訴の違いについて、
どのようにお考えになっているのか」

「検察審査会の起訴議決の有効性について、どのように判断されているのか」

「党員資格停止は最長六ヶ月とされているものを、判決確定までの間とするのはなぜか」

過去に戻ってよくこの問題を考えてみると・・・。

地犬特捜部が、政治資金収支報告書の記載方法に関する些細な解釈の違いを事件にして、
小沢氏の元秘書3人を逮捕、起訴し、その三人とも無罪を主張していること。検察審査会
が起訴議決をしたこと。

ただこれだけのことを、検察と裁判所とマスゴミが結託してことを大きくしている。
冤罪を作り上げようとしている。

これが今の日本である。
そろそろ、日本にも国民革命を起こす、革命細菌がばら撒かれるかもしれない。

ランキング応援お願いします。
3つクリックしてもらうと今年は福がツキます。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ








スポンサーサイト

16枚の板 

16枚の板

16人の小沢系議員の「会派離脱」!
これで、予算関連法案の成立もアブイ感じなってきた菅政権。
あら~!いやーん、ば菅と一菅の終わりか・・・・。

もともと中身のない、空き菅の菅政権、官僚の言われるままの政策。
予算の組み替えや公務員制度改革も手付かずのまま、民主党らしくない
全く別の既得権益の悪徳官僚、大手マスゴミのシナリオ通りにことを進めている。

民主党のマニフェストを守ろうとしている党員はそっちのけで、おまけに
消費税増税で国民から税金を必要以上に徴収しようと、官僚の手先になっている。

国民に約束したことを実現せずに、大手マスゴミと官僚の詐欺師軍団のパシリになっているのだ。

ランキング応援お願いします。
3つクリックしてもらうと今年は福がツキます。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ





FRINGE 

FRINGE

石川知裕議員の初公判が始まったが~!
裁かれるのは特捜検察と検察審査会のメンバーではないか。
政治資金規正法違反の裁判だというのに、検察の冒頭陳述はダム建設の受注を
巡る汚職事件のようだったらしい。

検察側の冒頭陳述は下記のような内容で、もちろんこれは起訴事実には含まれていない内容。

「水谷建設の元社長は平成16年10月15日午後、東京都港区赤坂のホテルで石川被告に
現金5千万円入りの茶色封筒を手渡した。18日には陸山会の銀行口座に5千万円の入金が
あった」

検察側は、石川氏が水谷建設から受け取った裏金5千万円を16年10月18日に陸山会の
口座に入金したと主張している。

これに対する被告側の冒頭陳述は・・・。

「16年10月12日、石川被告が小沢元代表から4億円を借り入れた。土地売買契約の
手付金などとして支払った1508万円を除き、石川被告によって13日に1億8千万円、
18日に5千万円、21日に5千万円、25日に5千万円、27日に5492万円が陸山
会の口座に入金され、その合計額が4億円に達している」

16年10月18日に石川氏が陸山会の口座に入金した5千万円は、水谷建設の裏金では
なく、小沢氏から借りた4億円の一部であるというのが被告弁護団の反論である。

また、石川知裕衆院議員の女性秘書に対する事情聴取は、任意であるはずなのに、押収した
証拠書類を返却するので、検察庁まで取りに来て欲しいと連絡、事務所の議員会館と目と鼻
の先なので、コートも着ずに出かけた。そして監禁拘束する。
子どもを保育園に迎えに行くことも電話をすることも許さず、10時間にわたる威圧的なもの
だった、と弁護人は主張。池田光智元秘書の弁護人も、調書への署名を迫った検察官から
「署名しなければ保釈されない」「署名すれば悪いようにしない」などと取り引きめいた
発言があったと指摘した。

検察側はなんとしても筋書きに沿わない調書は絶対に作成したくないという検察側の強い意志が
伝わってくる。大阪の郵便不正事件でも、検察の筋書きに合わない供述は調書にしてもらえない、
という問題があった。

大久保隆規元秘書を約2週間にわたって取り調べたのは、前田恒彦元検事(証拠隠滅で起訴)が
行なっており、この人・・・大阪の郵便不正事件の村木さん冤罪事件にも関与した人だ~!

本当に怪しい、正当な裁判を行なうのかー!

幽霊検察審査会の疑惑を究明することも!

立法・司法・行政のどれにも属さない、独立してその業務を行なう。
そして、密室で審査を行い「起訴」する。そして責任は誰も負わない。
毎回2人から4人の審査員が欠席、その都度審査補充員が臨時審査員として
選定される。正規の審査員が全員出席した審査会は一度もない。

捏造の片棒を担ぐのはマスゴミか?
すべて秘密のはずの検察審査会のはずが、「検察審査会の関係者の話で明らか
になった・・・」
大手マスゴミが記事にして報道、審査会とほとんど内容が同じものもある。

森ゆうこ議員が参考資料を公開しています。
森ゆうこ資料サイト

ランキング応援お願いします。
3つクリックしてもらうと今年は福がツキます。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ
























E-№125 

E-№125

小沢一郎「強制起訴」!
検察特捜部が2年もかけて、執拗に捜査したにもかかわらず立件できず、
おまけに、元秘書までもがでっち上げの調書で逮捕し、それでも諦めずに
今度は、検察審査会を利用し「強制起訴」するとは・・・・・。

実態も、顔も見えない11人の審査員は、本当に正当に審査したのか疑わしい。
小沢一郎を起訴した弁護士の唯一の攻撃材料は、ほとんどは特捜部の捜査資料と
「元秘書たちの調書」だけど、それを元秘書たちは「検事の誘導によって作られ
たもので事実とは違う」って言っているし、証拠も証言もゼロで裁判するような
もの・・・。

そして、その裁判に国民の税金が使われるのだー!マジかー
莫大な金額がかかる。
そして、無罪になればーどうすんのよーそのお金・・・!

怪しい11人の審査会のメンバーよ、分割でもいいから
国民に、裁判で使用された費用を返却せよ 。

さもなければ、E-№125を君達の体に寄生させて
地獄の苦しみを味わうことになるかも・・・・。

ランキング応援お願いします。
3つクリックしてもらうと今年は福がツキます。
↓↓↓


FC2ブログランキング




にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ







(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

murayuki

Author:murayuki
19●●年生まれ。
船橋市在住。
趣味はCGとイラスト。
**受賞歴・・・・
文化庁メディア芸術際
企画展において。

バーチャルタレント・オーディション2001
キャラミックス
優秀作品賞

BYキッコーマン

アマゾンサイトより、いろいろな商品を検索出来ます。どうぞご利用下さい。

ティッシュをドラッグしてね

クリックすると消えるよ!